海角七号第一封情书

海角七号第一封情书

2020-04-24    02'39''

主播: miko 先生

282 3

介绍:
第一封信 1945年12月25日。 友子(ともこ)、太陽(たいよう)がすっかり海(うみ)に沈(しず)んだ。これで、本当(ほんとう)に台湾島(たいわんとう)が見(み)えなくなってしまった。 君(きみ)はまだあそこに立(た)っているのかい? 友子(ともこ)、 許(ゆる)しておくれ、この臆病(おくびょう)な僕(ぼく)を。 二人のことを決(けっ)して認(みと)めなかった僕(ぼく)を。 どんなふうに、君(きみ)に惹(ひ)かれるんだったっけ。 君(きみ)は髪型(かみがた)の規則(きそく)も破(やぶ)るし、よく僕(ぼく)を怒(おこ)らせる子(こ)だったね。 友子(ともこ) 君(きみ)は意地張(いじば)りで、新(あたら)しい物好(ものず)きで、でも、どうしようもないぐらい君に恋(こい)をしてしまった。 だけど、君がやっと卒業(そつぎょう)した時(とき)、僕(ぼく)たちは、戦争(せんそう)に敗(やぶ)れた。 僕(ぼく)は敗戦国(はいせんこく)の国民(こくみん)だ。 貴族(きぞく)のように傲慢(ごうまん)だった僕(ぼく)たちは、一瞬(いっしゅん)にして、罪人(ざいにん)のくび枷(かせ)をかけられた。 貧(まず)しい一教師(いちきょうし)の僕が、どうして民族(みんぞく)の罪(つみ)を背負(せお)えよう? 時代(じだい)の宿命(しゅくめい)は時代(じだい)の罪(つみ)。 そして、僕(ぼく)は貧(まず)しい教師(きょうし)に過(す)ぎない。 君(きみ)を愛していても、諦(あきら)めなければならなかった。 1945年12月25日。友子,太陽已經完全沒入了海面,我真的已經完全看不見台灣島了 你還站在那裡等我嗎?友子 請原諒我這個懦弱的男人,從來不敢承認我們兩人的相愛 ,我甚至已經忘記 ... 我是如何迷上那個不照規定理髮 ,而惹得我大發雷霆的女孩了 友子 你固執不講理、愛玩愛流行 ...我卻如此受不住的迷戀你 只是好不容易你畢業了 我們卻戰敗了 我是戰敗國的子民 貴族的驕傲瞬間墮落為犯人的枷鎖 我只是個窮教師 為何要揹負一個民族的罪 時代的宿命是時代的罪過 我只是個窮教師 我愛你,卻必須放棄你