悪ノ召使-わたあめ / しゅーず / 38番 / にっとメガネ / コ

悪ノ召使-わたあめ / しゅーず / 38番 / にっとメガネ / コ

2016-10-06    06'34''

主播: 过气老用户

864 32

介绍:
君は王女 僕は召使 你是王女 我是召使 運命分かつ 哀れな双子 被命运所分离的 悲哀的双子 君を守る その為ならば 若是为了守护你 僕は悪にだってなってやる 即使背负恶名我也甘愿 Once upon a time,in a far away kingdom, 很久很久以前,在一个遥远的王国里, the queen gave birth to twins, a girl and a boy. 王后生下来了一对双子,一个男孩和一个女孩。 However,the siblings get separated soon enough. 但是,这对姐弟很快便分离了。 The girl became the selfish queen to kingdom, 姐姐成为了王国中自私的女王, and her brother became her loyal tool,a servant of evil. 而她的弟弟成为了她忠实的工具,一个邪恶的召使。 期待の中僕らは生まれた 我们在众人的期待之中诞生 祝福するは教会の鐘 教堂敲响着祝福的钟声 大人たちの勝手な都合で 只因为大人们的任意安排 僕らの未来は二つに裂けた 我们的未来被一分为二 たとえ世界の全てが 就算全世界 君の敵になろうとも 都将与你为敌 僕が君を守るから 我也会守护着你 君はそこで笑っていて 所以啊 你只要在那里微笑便好了 君は王女 僕は召使 你是王女 我是召使 運命分かつ 哀れな双子 被命运所分离的 悲哀的双子 君を守る その為ならば 若是为了守护你 僕は悪にだってなってやる 即使背负恶名我也甘愿 隣の国へ出かけたときに 在出使邻国的时候 街で見かけた緑のあの娘 遇见了邻国的绿之女 その優しげな声と笑顔に 她那温柔的一颦一笑 一目で僕は恋に落ちました 令我一见钟情 久久难忘 だけど王女があの娘のこと 但王女希望 消してほしいと願うなら 抹消掉那女孩的存在 僕はそれに応えよう 我回应了那个请求 どうして?涙が止まらない 为什么?眼泪为什么无法停止呢。 君は王女 僕は召使 你是王女 我是召使 運命分かつ 狂おしき双子 被命运所分离的 近乎癫狂的双子 「今日のおやつはブリオッシュだよ」 『今天的点心是Brioche(布里欧修)哟』 君は笑う 無邪気に笑う 你笑了 天真无邪地笑了 もうすぐこの国は終わるだろう 这个国家快灭亡了吧 怒れる国民たちの手で 由愤怒的国民们一手摧毁 これが報いだというのならば 若这就是报应的话 僕はあえて それに逆らおう 那就让我来逆转并反抗这一切 「ほら僕の服を貸してあげる」 『来 披上我的衣服吧』 「これを着てすぐお逃げなさい」 『请穿上这个赶快逃跑』 「大丈夫僕らは双子だよ」 『没关系哟 我们是双子啊』 「きっとだれにもわからないさ」 『一定 没有人会发觉的』 僕は王女 君は逃亡者 我是王女 你是逃亡者 運命分かつ 悲しき双子 被命运所分离的 悲哀的双子 君を悪だというのならば 若你是恶魔的话 僕だって同じ 血が流れてる 我也淌着 同样的血。 むかしむかしあるところに 很久很久以前的某个地方 悪逆非道の王国の 在一个大恶不道的王国 頂点に君臨してた 君临天下的 とても可愛い僕の姉弟 是我那可爱的姐姐 たとえ世界の全てが (ついにその時はやってきて) 就算全世界 (行刑的时刻终于来临) 君の敵になろうとも (終わりを告げる鐘が鳴る) 都将与你为敌 (宣告终结的钟声响起) 僕が君を守るから (民衆などには目もくれず) 我会守护着你 (对闲观的民众们不屑一顾) 君はどこかで笑っていて (君は私の口癖を言う) 所以啊 你只要在那里微笑便好了 (你说出了我的口头禅) あら、おやつの時間だわ。 啊啦,点心(指行刑)的时间到了呢。 君は王女 僕は召使 你是王女 我是召使 運命分かつ 哀れな双子 被命运所分离的 悲哀的双子 もしも生まれ変われるならば 若来生还能再次相遇 その時はまた遊んでね 那时候再一起玩吧。