Keiko日文念诵中哲好故事GZPPLCⅡⅱ3

Keiko日文念诵中哲好故事GZPPLCⅡⅱ3

2022-04-19    12'01''

主播: 歡笑綠茵居士

259 1

介绍:
私たちは2022年4月19日火曜日の朝、恵子先生に「広州市文化館」が主催する「中国伝統学術ネットワーク研修会」とセットになった「内部参考と知識点集錦コピー」を放送するよう招かれました。 全文は以下の通りです。。1。経済用語基礎辞典は、はじめて経済やビジネス用語、投資用語、会計用語、株式用語、経営用語、財務用語、決算用語、金融用語、資産運用用語、用語を勉強する人にもわかるよう、わかりやすい解説を心がけた、やさしい経済用語辞典です。知りたい経済用語、ビジネス用語などを調べるには、経済用語一覧から探したり、右上の検索ボックスで検索することができます。2。私は今、簡潔に表現します:"economy"などの単語は、次のように定義されています。1つ;社会における物質の「生産、流通、交換」を指します。その2つ;一定「範囲」内にあるには、「国家、區(く)域(さかい)」などの内部組織「[生產](プロダクション)、流通、消費」などの活動を含め、システムを形成する。福沢諭吉没年:明治34.2.3(1901)生年:天保5.12.12(1835.1.10)幕末から明治中期の日本を代表する開明的思想家,教育家。九州中津藩(大分県)藩士福沢百助と妻お順との5子として大坂蔵屋敷で生まれた。諭吉の名は,当時百助が手にいれた『上諭条例』(清朝の法令集)によったという。2歳のとき父に死別,母に連れられて中津に帰り,身分にこだわらず人々にやさしい母親の感化の下に育った。13,4歳のころから漢学を学んで頭角を現す。安政(1854)年長崎に赴いて蘭学を学び,翌年大坂に出て緒方洪庵の適塾に入門,やがて塾長を務めた。5年江戸に下り,鉄砲洲の中津藩邸内に蘭学塾を開く。翌年,横浜に遊んで英学の重要性を痛感,英語の学習を始めた。万延1(1860)年幕府の軍艦咸臨丸の艦長の従僕を志願して渡米。また文久2(1862)年幕府の遣外使節に随行,欧州各国の事情,歴史,思想を学び,その経験をもとに『西洋事情』初編(1866)を著した。慶応3(1867)年幕府の軍艦受取委員の随員としてアメリカ東部諸州を視察して帰り,『西洋事情』外編(1868),『世界国尽』(1869)などを刊行して大衆の啓蒙に寄与した。明治1(1868)年塾を芝新銭座に移し,「士民を問わずいやしくも志あるものをして来学せしめん」と,名称を慶応義塾とした。この義塾での教育を中核として,国民ひとりひとりの独立自尊にもとづく国家の発展と繁栄を目的とし,政治,経済,社会,言論などの諸領域にわたる活発な思想活動を展開した。『学問のすゝめ』初編(1872)は,身分の上下,貧富の隔てなく学問が重要であること,それによって「一身の独立」「一国の独立」が得られることを説いたものであるが,時代の共感を呼び,第17編(1876)まで書き継がれて総発行部数340万におよんだ。だが,まず国民の自覚と自立が大切という彼の主張は,当代の代表的学者?指導者たちを結集した明六社の彼の盟友たち,森有礼その他の,もっぱら国家主導による国民の啓蒙を目指す主張と決定的に対立し(「学者職分論争」),その後の日本近代化の国家主義的性格を予言的に警告した結果ともなった。公に言論を開陳することの重要性を指摘して,慶応義塾に演説館を設け(1874),率先して範を示したのもこのころである。『文明論之概略』(1875)は,諸国の文明を比較的に論じながら,自由な交流と競合による民心?衆心の発達によって日本が文明国として独立しうることを説いた傑出した文明論である。12年には西周,加藤弘之らと東京学士会院(のちの日本学士院)を創設,初代会長となり,13年には知識の交流と世務の諮詢を目的とする交詢社を設立,15年には『時事新報』を創刊し,政事問題や時事問題,社会問題,婦人問題などにおよぶ活発な論陣を張った。この間の福沢の判断,論評,提言などは多彩多岐にわたり,反響もさまざまであったが,もっぱら日本人ひとりひとりの「独立自尊」の実現を目指すところに,その発想の特異性を持っていた。<著作>『福沢諭吉全集』全21巻(村井実)出典朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版日本歴史人物事典について情報百科事典マイペディア「福沢諭吉」の解説福沢諭吉【ふくざわゆきち】幕末?明治の洋学者,啓蒙家。豊前(ぶぜん)中津藩の下級武士の子として大坂藩邸に生まれる。1855年緒方洪庵の適々斎塾に学び,塾頭となったが,1858年藩命により江戸へ出,築地鉄砲洲に蘭学塾を開いた。一方,英学を独習し,1860年咸臨(かんりん)丸で渡米。1861年翻訳方として幕府遣欧使節に随行,1867年幕府の軍艦購入使節に加わり再渡米した。3回の欧米渡航により,近代文明をつぶさに見聞し,従来の和魂洋才的理解でなく,資本主義文明を,それを生み出した精神から理解しようとした。明治維新のとき,蘭学塾を芝新銭座に移し,慶応義塾(慶応義塾大学)と名付け,明治政府への出仕を辞退し,民間にあって教育と著述に専念した。その思想は,西洋近代の文明によるアジアの後進性からの脱却,いわゆる脱亜論を説き,また個人の独立,自由,平等は天賦であるとして,儒学に代わる実学の必要を主張するものであった。《学問のすゝめ》《西洋事情》《文明論之概略》の3著作によって,明治初期の思想界に大きな影響を与え,《明六雑誌》《民間雑誌》に発表した多くの啓蒙的論文も大きな役割を果たした。しかし,1882年には《時事新報》を創刊して官民調和を唱えたが,〈尚商富国〉の主張は〈富国強兵〉に連なるものであった。また,自由民権運動には批判的で,日清戦争には熱烈な支持を与えた。著作は《福沢諭吉全集》21巻に収める。1984年11月発行の1万円札(2004年11月改刷)に肖像を採用。3。国民国家(こくみんこっか、英:Nation-state、仏:état-nation、独:Nationalstaat)とは、国家内部の全住民をひとつのまとまった構成員(=「国民」)として統合することによって成り立つ国家。領域内の住民を国民単位に統合した国家そのものだけではなく、それを主権国家として成立する国家概念やそれを成り立たせるイデオロギーをも指している。目次1概要2諸国民の春3国民国家と国民的アイデンティティ。日清(にっしん)戦争に際しては、文明と野蛮の戦争と断じ、献金運動に奔走。勝利には感涙にむせんだという。晩年には『福翁百話』『福翁自伝』『女大学評論?新女大学』などを著述。明治34年2月3日、脳溢血(のういっけつ)で死去。常光寺(東京都品川区上大崎1丁目)に葬られた。法名大観独立自尊居士。自由主義者、民主主義者、合理主義者、女性解放論者などの高い評価と、西洋崇拝、政府への妥協、一般民衆への非情、権道主義への転向を批判する考えと、その評価はさまざまである。[広田昌希]『『福沢諭吉全集』全21巻(1958~1964/1969~1971?岩波書店)』▽『『福沢諭吉選集』全14巻(1980~1981?岩波書店)』▽『鹿野政直著『福沢諭吉』(1967?清水書院)』▽『遠山茂樹著『福沢諭吉』(1970?東京大学出版会)』▽『ひろたまさき著『福沢諭吉』(1976?朝日新聞社)』▽『小泉信三著『福沢諭吉』(岩波新書)。。4。国民国家のはらむ問題。日本の学者は経済という言叶を貨幣経済の発展がもたらしたさまざまな活働を指すようになり、「経済とは、社会生活を維持するために必要な生産、消費、取引などの活働を指す」という言い方をするようになった。このような金銭・財物などの実際問題に関連した定義が日本で次第に流行しているが、この用法は明・清時代の中国語の文脈における「経済」の本来の用法とは異なる。当時の日本には「資生」という表現もあったが、一般的には受け入れられなかった。「politicaleconomy」の英訳として「経済」という言葉が使われた。この訳語は、梁啓超が漢文の中で採用した。厳復が『原富』で「計学」あるいは「生計学」「平準学」などの漢字表記を用いたのにかわって、しだいである。そして上記の理由から、漢字文化圏全体で「経済」の本来の意味に取って代わられつつある。「和制漢語の使用に反対した者」の一人である彭文祖生は『盲人盲馬之新名詞』の中でzhichuについて英文のeconomyを経済と訳すことに反対し、自国人は盲目盲従であると主張した。5.「神田孝平」:かんだたかひら:Kohei Kanda;Takahira Katana.。是日本幕末和明治初期的思想家、政治家。他对日本的近代化作出过重大贡献。「神田孝平」:かんだたかひら1830-1898幕末-明治時代の洋学者,官僚。文政13年9月15日生まれ。蕃書調所(ばんしょしらべしょ)で数学をおしえる。新政府につかえ,明治3年に起草した「田租改革建議」は地租改正に影響をあたえた。兵庫県令や元老院議官をつとめ,明六社にも参加。貴族院議員。明治31年7月5日死去。69歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は孟恪。号は淡崖。著作に「経世余論」,訳書に「経済小学」など。【格言など】それ智識を闢(ひら)き風俗を励ますの道は,学問を盛にするより善きは無し(「論重板」)。恵子先生は全文を放送済みですね。 恵子先生は貴殿が辛抱強くこの事件を聞いて視聴してくれたことにとても感謝しています。 恵子先生は近いうちに貴殿と再会することを楽しみにしています。