【动漫朗读】秒速五厘米

【动漫朗读】秒速五厘米

2017-06-28    04'51''

主播: 怪物女3104号

739 15

介绍:
桜花抄   遠野貴樹様へ 大変ご無沙汰しております。 こちらの夏も暑いけれど、 東京に比べればずっと過ごしやすいです。 でも今にして思えば、 私は東京のあの蒸し暑い夏も好きでした。 溶けてしまいそうに暑いアスファルトも、 陽炎の向こうの高層ビルも、 デパートや地下鉄の寒いくらいの冷房も。 远野贵树收 好久不见。 这里的夏天虽然也很热,却比东京凉爽多了。 但现在想起来, 我还是很喜欢东京闷热的夏天的。 像要融化一般滚烫的柏油路也好, 艳阳另一侧的高楼大厦也好, 商场和地铁里开到让人感觉寒冷的空调也好。   私たちが最後にあったのは、小学校の卒業式でしたから、 あれからもう半年です。 我们最后一次见面是在小学毕业典礼上, 那之后已经过去半年了。   ね、貴樹くん、 私のこと、覚えていますか。 贵树君, 你还记得我吗?   前略、貴樹くんへ お返事ありがとう、嬉しかったです。 もうすっかり秋ですね、こちらは紅葉が綺麗です。 今年最初のセーターを、おととい私は出しました。 セーラーの上に着るクリーム色のセーターは、 かわいくて、あたたかくて、私の大好きな格好です。 貴樹くんの学生服姿、どんな風なんでしょうね。 きっと大人ぽく見えるんだろうな。 前略,贵树君收 谢谢你的回信,我很开心。 已经完全入秋了呢,这里的枫叶很美。 前天我织好了今年的第一件毛衣。 套在水手服上的冰激凌色毛衣, 又好看又温暖,我很喜欢喜欢这么穿。 贵树君穿校服是什么样子呢。 一定看上去很成熟吧。   最近は部活で朝が早いので いま、この手紙は、電車で書いています。 この前、髪を切りました。  耳が出るぐらい短くしちゃったから、 もし会っても、私ってわからないかもしれませんね。 最近因为社团练习早上总是起得很早, 所以这封信是在电车上写的。 前不久,我把头发剪短了。 短到露出了耳朵, 所以就算我们见了面,也许也认不出我呢。   貴樹くんも、きっと少しずつ、 変わって行くのでしょうね。 贵树君也一定, 在一点一点发生变化吧。   拝啓 寒い日が続きますが、お元気ですか。 こちらはもう何度か雪が降りました。 私はその度に、ものすごい重装備で学校に通っています。 東京は、雪はまだだよね。 引っ越してきてからもつい癖で、 東京の分の天気予報まで、見てしまいます。 敬启 最近天气很冷,你还好吗? 这里下了几场雪, 我每次上学都会包裹得很严实。 东京,还没开始下雪吧? 我搬到这里也改不了以前的习惯, 看天气预报时总是会连带着东京的份。   今度は貴樹くんの転校が決まったということ、 驚きました。 お互いに昔から転校には慣れてるわけですが、 それにしても鹿児島だなんて、 今度は、ちょっと遠いよね。 いざという時に、 電車に乗って会いに行けるような距離ではなくなってしまうのは、 やっぱり、少し、ちょっと寂しいです。 どうかどうか、貴樹くんが元気でいますように。 这次听你说要转学,我很震惊。 虽然我们从以前起就已经习惯了转学, 但没想到是鹿儿岛。 这次,稍微有点远呢。 彼此的距离变得遥远,真有什么事也没法坐电车立刻相见了, 真的,让人有点寂寞呢。 还请保佑贵树君能一直健康。   前略、貴樹くんへ、 三月四日の約束、とても嬉しいです。 会うのはもう一年ぶりですね、 なんだか、緊張してしまいます。 前略,贵树君收 三月四日的约定,让我很开心。 已经一年没见了呢。 总觉得有点紧张。   うちの近くに、大きな桜の木があって、 春には、そこでも多分 花びらが秒速五センチで地上に降っています。 貴樹くんと一緒に、春もやってきてくれればいいのにって 思います。 我家附近有一棵很大的樱花树, 到了春天,那里估计也是... 花瓣会以每秒五厘米的速度落到地上吧。 如果春天也和贵树君一起来到这里就好了。   私の駅まで来てくれるのはとても助かるのですけれど、 遠いので、どうか気をつけてきてください。 約束の夜七時に、駅の待合室で待っています。 你到我这边的车站来见面实在是太好了, 但是路途遥远,还请你路上小心。 约定那天晚上七点,我在车站的候车室等你。   秒速五厘米 谢谢大家收听~