【美文】动漫《海贼王》是怎么诞生的

【美文】动漫《海贼王》是怎么诞生的

2018-05-16    04'19''

主播: 艾说日语

1082 5

介绍:
彼が17歳の時、短編マンガが準入選に選ばれたのをきっかけに、 担当編集者がついてくれる事になりました。 他17岁的时候,因为短篇漫画获得了第二名,借此契机, 他有了自己的责任编辑 準入選に選ばれた彼は、気をよくして、九州から東京に上京してきました。 作品被评为二等奖的他,元气满满的从九州来到了东京。 当時の彼は、今すぐにでも、有名な漫画家になれるぐらいの気持ちでいました。 当时的他,一心想着能以最短的时间成为一名著名的漫画家。 しかし、現実はそんなに甘くはなかったのです……。 可是,现实却并不是那么一帆风顺。 作品のあらすじを提出しても全然通らなく、 連載にはいたりませんでした。 即使他提交了自己作品的故事概要,也完全没有被通过, 结果并没有成功连载。 描いても描いてもボツになるばかりでした。 画了一遍又一遍,却无一被采用,全部都石沉大海。 さすがに自分の力の無さに気づいた彼は、 意识到还是自己没有能力的他,想: 「面白いマンガを描き続けられるのは、俺みたいな人間にできる技じゃない。 マンガ家になるために生まれた人にしか出来ない事なんだ。」 と思うようになりとてもショックを受けました。 能够不断画出有意思的动漫,这件事不是我这种人能够做到的。 那是只有为了成为漫画家而生的人才能做到的事儿。” 想到这,他受到了重重的打击。 描いても描いてもボツになる。 描いても描いてもボツになる。 また、描いても描いてもボツになる……。 画了就被退回, 画了又被退回, 继续画,又继续被退回…… 彼は、ついには倒れて、1週間ほど体が動かなくなってしまいました。 终于,他倒下了。整整一周的时间,什么都没有做。 もう、マンガ家になるための全てのことを諦め、 サラリーマンになろうと考えました……。 他开始想要放弃所有为了成为漫画家而做的准备, 想着就做个一般的上班族算了。 でも、その時、当時の担当編集者がこう言葉をかけてくれたそうです。 但是,那个时候,当时的责任编辑给他说了这样的话。 「こんなに頑張って報われなかった人を俺は今まで一度も見たことがない!必ず報われる日がくるよ。頑張れ!」 “我从来没有见过像你那么努力却没有获得回报的人! 你放心,一定会有成功的那一天的,你要加油!”。 その編集者が、言ってくれた言葉に彼は、大粒の涙を流しました。 编者的这番话让,深深触动了他,让他瞬间泪如雨下。 そして気力が湧いてきて、また最初から頑張ろうと決意をしたのです。 于是,他又一次充满了动力,暗下决心,从头开始。 「泣く」という文字は、「涙」のさんずいに「立」ち上がると書きます。 日语里 “哭” (「泣く」)的汉字写法是 “泪” (「涙」)的三点水加上 “站起来” (「立」ち上がる) 这个动词中的“立”字构成的。 涙のあとに立ち上がり、彼が描きあげた作品が…… 所以,最终他画出的作品是眼泪之后的崛起。 なんと、あの国民的マンガ、「ONE PIECE」(ワンピース)なんです。 而这个作品就是国民漫画《海贼王》 今までのお話は「ONE PIECE」を描き上げた尾田栄一郎さんの話でした。 刚才的故事, 就是画出《海贼王》这部作品的著名漫画家尾田栄一郎的亲身经历。 人生というシナリオには法則があります。 在人生这个剧本里,是有法则存在的。 死ぬ程頑張っても結果は出ず、 「もうダメだ」と力尽きるその瞬間に、 あなたの人生を一変する場面と出合うようになっているのです。 在拼尽全力却没有任何结果, 你觉得:“已经不行了”的那个瞬间, 你的人生往往会有一次崭新的蜕变。 まさに「ONE PIECE」の世界観そのものです。 而这正是《海贼王》传递给我们的世界观。 人は、力尽きるところまで頑張ったとき、 尽きることのない無限の力が湧きあがるのです。 因为,当人努力到耗尽全力时,往往还会再次涌现出无穷尽的力量。