日语美文朗读:恋人記念日

日语美文朗读:恋人記念日

2015-12-03    11'03''

主播: 重宝

17783 338

介绍:
恋人記念日(里面有个小地方朗读错了,希望大家在听的时候稍微注意一下哦~我会继续努力的,希望大家继续支持我~~~O(∩_∩)O谢谢) 私は普通の都立高校に通う高校二年生の長岡春香。 私と彼の出会いはもう四年前のことだ。 私はあまり目立たない性格なのでめったに笑わないし、めったに外に出ない。 私は、私に自信が持てなかったからだ。 もう桜が舞う季節。私の一番好きな季節。この春にある一つの物語が生まれた。 「あーあ。雨だよ。どうしよう。」 その日はとてもひどい雨の音が響いていた。 「家出る時は、ふってなかったのに……」 私はしばらく雨宿りすることにした。そこに 「おーい!長岡!!」 それは‘ただ’にクラスメートの、渡辺剣(つるぎ)だった。 「ああ。渡辺君。」 「お前どうしたんだ?」 「ううん。傘忘れちゃって……」 「そっか。俺のに入れてやるよ。」 「えっ。でも……」 「いいから、いいから!早く早く!」 そういうと彼は私の手をつかんで傘に入れるとそのまま歩き出した。 「あ、渡辺君!この傘、穴開いてるよっ。」 「やべっ!」 そう慌てたあなたの顔を見て笑った。 「お前って笑うとかわいいな。」 「えっ?!」 そういってくれたあなたの顔、ことば、今も心に残る大切な思い出。 このときからだった。彼の見方が変わったのは。私の初恋だった。 ~今~ 穴の開いた傘を買うために、私たちは近くのデパートに入った。 「ごめんな。俺のために……」 「いいんだ。そのかわり、私の買い物にも付き合って。」 「ああぜんぜん構わないぜ。」 私の買い物にもお構いなしで付き合ってくれる彼。 きっとみんなにもこう笑顔を振りまく人だと思った。 買い物なんて嘘。あなたと少しでもそばに居たかった。いろんな事しゃべって、いろんな事知って、いろんな事知ってほしかったから。そんな中、私は一セットのレターセットを買った。 彼も一緒に買った。その後彼が 「明日、学校休みだしまだ4時だから、これからどっか遊びに行かない?」 不意打ちだった。 私の親は二人とも弁護士。最近は真夜中に帰ってくることが多い。 お兄ちゃんは、夜間のアルバイトだから、家にはいない。ちょっとだけならいいと思った。 「うん。いいよ。」 雨はやみ、すっかり青空がもどっていた。 私たちがまず行った所、それは近くのゲームセンターだった。 彼の推薦で行ってみた。 「長岡はさ、こんなところきた事ないだろ。」 「うん。でも面白そう。」 「そうか!よかった。実は俺も、ここ来たのははじめてなんだ。前から興味あってさ。」 「私も、特にプリクラとか……。」 私は笑いながら想像を膨らませた。 「じゃあ撮ってみるか。」 「うん。」 五台ばかりのプリクラの機械。全部に人が入っていた。カーテンが閉まっているが、そこからかすかに見えた。ちょっと大人の人が、KISSをしながら、撮っているのだった。 彼もそれをみたらしい。 「ありえないな。」 「でもちょっとうらやましいかも……。はっ!!」 私はつい本音をもらしてしまった。すると彼が、 「おっ、俺トイレ行ってくるっ。」 何か慌てた彼。どうしたのかと思ったけれど、その時はあまり気に留めなかった。 私はその場で待っていた。あの時もらしてしまった言葉が、とても気にかかっていた。 彼に不快感を与えてしまったのかもしれない。 私はその時、いい方法を思い出した。急いでかばんの中のペンケーズとさっき買ったレターセットを取り出した。そこにはただ四文字の言葉。 「好きだよ。」 初めて書いたLOVEレターだった。 ようやく彼が帰ってきた。 「ごめんな。あっ、この機械あいたみたいだぜっ!さあ、撮ろう、撮ろう。」 明らかにさっきと様子が違った。しかしこれも私は気に留めなかった。 一枚目 様々なポーズをとった。しかしどれも彼は赤い顔をしていた。 また機械が人でいっぱいになった。彼が言った。 「俺のこと、剣(つるぎ)って呼んでいいぞ。」 男の人を呼び捨てで呼ぶのなんて初めてだった。 「私も、春香でいいよ。」 男の人に呼び捨てで呼ばれるのも初めてだった。 すると機械が空いた。その中に入ると彼はなかなか、お金を入れない。すると彼が 「これ、よんでみて」 彼の顔が真っ赤(まっか)になっていた。そこにはさっき買ったばかりのれたーせっとがあった。 ゆっくり中を開けた。そこには 「すきです。」 私があなたにあげたい手紙と同じだった。 「俺と付き合ってくれないか?」 私も彼に手紙を渡したすると彼は、 「これって両思い?」 「みたいだね。」 「嘘じゃないよな?!」 「うん!」 私は今までにない笑顔で彼に笑って見せた。同時に涙がこぼれた。 彼がようやくお金お入れた。いっぱいとったが残り2ショット。 彼が少し近くに寄ってきた。するといきなり私をお姫様抱っこしたのである。 「カッシャッ」 シャッター音が響いていた。そのまま撮られてしまった。 後一枚 「それじゃあ最後の一枚は、、、姫のお望みどうりKISSプリでっ。」 「カシャッ」 びっくりした。しかし嬉しかった。 今の彼と付き合っている。同じ高校に通っている。しかし、私は遥かに変わった。 自分に自信を持つことができた。彼のおかげだった。 恋人纪念日 我名叫长冈春香在一所普通的高中上学,是高二的学生。 结识男友已有四年。我不是那种张扬的性格,对自己也没什么信心,平时很少笑,也不经常出门。 时光流转,又逢樱花烂漫。这也是我最喜欢的季节,我们爱的故事就萌生于这个美丽而浪漫的春天。 一、相识 “啊,下雨了!怎么办?”那天的雨格外地大。 我决定等雨停了再走。这时,班里的一个叫渡边剑的同学叫住了我:“哎,长冈!” “啊,渡边君!” “长冈你怎么不走啊?” “嗯,我忘了带伞了。” “啊,这样啊,过来跟我共用一把伞吧。” “哦,但是??” “好了,好了,快来吧“,他这么说着,抓起我的手就把我拉进了他的伞下。 “啊,渡边君,你的伞漏雨啦。” “呀!糟了??” 看着渡边君憨憨傻傻而又忙乱的表情,我忍俊不禁。 “你笑起来好可爱啊!”渡边君却并不在意。 “啊!是嘛?”我突然有些难为情起来。 那时你温暖的笑脸,温馨的称呼,已刻在我的心间,至今想来,犹在眼前。 那一刻,心花如大地初开,激起了我纯纯美美的初恋。 二、初恋 因为买了把漏雨的伞,我们躲进了附近的商店。 “真不好意思,都怪我„„”他心怀歉意。 “没关系的,不过,作为补偿,你陪我逛街购物吧。”我借机“刁难”。 “好啊,荣幸之至呢!”他满口应允。 我心中窃喜,能那么耐心而愉快的陪我逛街购物的他一定有着一颗善良而温柔的心。 其实让他赔我买东西实在是醉翁之意不在酒,目的只是想多和他待一会儿,多了解他一些。就是那天,我买了一叠信纸。 他也买了一叠。之后他突然说:“明天学校放假,而且现在才四点,咱们找个地方玩儿去吧。” 我父母是律师,最近常常深夜才回家,而哥哥也要外出兼职,我想,家里没人,稍晚会儿也没什么关系,于是便答应了下来。 这时雨也停了,天空又呈现出一片蔚蓝。 在他的建议下,我们去了附近的一个游戏中心。 “长冈,你以前肯定没来过这种地方吧?”他问。 “嗯。不过,似乎很有意思。” “真的啊,那太好了。其实我也是第一次来这种地方呢。虽然老早就想要过来。”他说。 “我也是,我最想拍大头贴了„„”我一边笑一边想象着我们一起拍大头贴的样子。 “咱们去拍大头贴吧!” “好啊!” 可是五台大头贴机器都被占着。虽然有帘子遮着,里面的情景还是能隐隐约约地看见。稍微大点的人,在一边接吻一边拍,他好像也看到了。 “真是不像话!”他似乎有些看不惯。 “但是好羡慕他们啊„„啊!”心里话脱口而出,连自己都吃了一惊。 “我——我去趟厕所。”他也难为情起来,一脸的慌张。他慌什么啊。虽然当时也这么想过,但是却没怎么放在心上。我站在原地等他回来,心中暗暗担心自己无心流露的话会令他不快。灵机一动,计上心来。迅速从包里拿出笔袋和刚买的信纸,然后在上面写下了平生第一封情书,四个字:“我喜欢你!” 不一会儿,他回来了。 “让你久等了。哎,这台机没人了。咱们到这儿来拍吧。”他说这话时的表情与刚才截然不同,只是我没有留意到。 我们拍了第一张。然后又摆了各种各样的姿势,拍了很多张,每一张里面的他都羞红着脸。 不一会,机器又被别人占了。这是他突然说:“以后你叫我剑就行了。” 直呼男生的名字对我来说还是第一次。 我说:“以后你也只叫我春香吧。”被男生如此亲昵的称呼也是第一次。不一会儿,又有机器空出来了,我们又进去拍照。但是他迟迟不投钱进去。愣了半天,他终于拿出刚才买的信纸,:“你看一下这个。”说着,他又羞红了脸。他将信纸慢慢打开,上面的字展现在我的眼前。天哪!竟然和我要给他的一模一样,也是那四个字:“我喜欢你!” “跟我交往吧。”他涨红了脸。 我将自己刚刚写好的信递了过去,他又惊又喜:“难道我们是两情相悦?!” “看来是这样哦!” “我这不是在做梦吧?!” “不是!” 面对着他,幸福的泪水夺眶而出,脸上却流露出从未有过的笑容 他终于在机器里投了币,我们又拍了好多照片。最后只剩两张了,他靠近我,突然拥我入怀,那么小心翼翼,就像是在抱一个婴儿。 “咔擦”一声,照片将这一瞬如实记录了下来。只剩最后一张了。他笑道:“最后一张啦,来一张小公主期待的KISS照吧。” “咔擦”一声,吓了我一跳。不过,心里却是满满的幸福。 现在我们仍在一起,并且在同一所高州。但是我却变了很多,变得自信了。这都是他的功劳啊!