初恋の顷

初恋の顷

2018-07-17    03'10''

主播: 念朔

605 3

介绍:
「初恋の顷」 作词:宫崎吾朗/谷山浩子 作曲:谷山浩子 演唱:手嶌葵 あなたの影(かげ)を  踏(ふ)んで歩(ある)いた 和你的身影一起 踏出步伐 夕阳(ゆうひ)  空(そら)に渗(にじ)んでた  丘(おか)の上(うえ) 夕阳 快要溢出空中 来到山丘之上 つかずはなれず  并(なら)んで歩(ある)く 若即若离 一起走过 そんな  二人(ふたり)あの顷(ころ) 那样的 两个人一起的时候 会(あ)えばいつも  照(て)れてばかりいて 始终会遇见 只是会害羞 大切(たいせつ)なことは  なにも言(い)えなくて 重要的事物 也不需要说些什么 笑(わら)いながら  うわさ话(はなし)とか 笑着 说说闲话也好 他爱(たあい)のないこと  おしゃべりした 即使是些可有可无的事情 也可以聊聊 ただそれだけで  わたし よかったの 只是这样而已 对我来说 就已经很好 ただそれだけですべて  満(み)たされた 只是这样而已 已经全部将我的心填满 つかずはなれず  并(なら)んで歩(ある)く 若即若离 一起走过 そんな  初恋(はつこい)の顷(ころ) 那样的 初恋的时候 恋人(こいびと)なら  もどかしく思(おも)う 如果是恋人的话 会更加焦虑吧 その距离(きょり)がなぜか  とても爱(いと)しくて 那样的距离 为什么 会如此的惹人怜爱 心(こころ)の中(なか)  どんな梦(ゆめ)よりも 心中存在着怎样的梦境呢? 真珠(しんじゅ)や星(ほし)より  辉(かがや)いてた 好像珍珠一般的星星 あなたの影(かげ)を  踏(ふ)んで歩(ある)いた 和你的身影一起 踏出步伐 夕阳(ゆうひ)  空(そら)に渗(にじ)んでた  丘(おか)の上(うえ) 夕阳 快要溢出空中 来到山丘之上 つかずはなれず  并(なら)んで歩(ある)く 若即若离 一起走过 そんな  初恋(はつこい)の顷(ころ) 那样的 初恋的时候 そんな  初恋(はつこい)の顷(ころ) 那样的 初恋的时候